スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
<< ライフスタイルフォーラム@新宿御苑 | main | 害虫に反省はあるのか? >>

地球温暖化:超スピードで加速!

深刻な事態です。

虹天の同志、Makiさんが
21 Oct 2008のWWF NEWSの翻訳をしてくれましたので、
転載させて頂きます。

ちょっと長いけれど、どうか最後まで読んで下さい。


∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞

Brussels, Belgium – Global warming is accelerating at a faster rate than climate change experts had previously predicted, according to a new compendium of scientific research released today by WWF.

ベルギー・ブリュッセル−今日WWFが発表した研究概要によると、地球温暖化は、気候変動の専門家や科学者たちの予測数値を上回る速度で進んでいる。

In 2007, the Nobel Prize winning Intergovernmental Panel on Climate Change (IPCC) released their Fourth Assessment Report – a study of global warming that involved nearly 4,000 scientists from more than 150 countries.

2007年、ノーベル平和賞を受賞した、国連IPCC(地球変動に関する政府間パネル)が、第4次環境アセスメントレポート(評価報告)を発表。
報告書は、150ヶ国以上の国から4000人近い科学者が携わった地球温暖化に関する研究内容であった。



However, the science of climate change has moved on in the year since this respected report was published. WWF’s new report, “Climate change: faster, stronger, sooner”, amalgamates this new scientific data and reveals that global warming is accelerating beyond the IPCC’s forecasts.

しかしながら、この信頼性の高いIPCCの報告書が公表されて以来、気候変動の研究分野もさらに進歩した。
WWFの気候変動に関する最新レポートは新しい科学的資料を集約しており、これは地球温暖化がIPCCの予想数値を超えて、加速し続けていることを明白にしている。


The report has received the support of climate change experts including Professor Jean-Pascal van Ypersele, Professor of Climatology and Environmental Sciences at the Université catholique de Louvain, Belgium, and newly elected Vice Chair of the IPCC, who said: “It is clear that climate change is already having a greater impact than most scientists had anticipated, so it’s vital that international mitigation and adaptation responses become swifter and more ambitious. The last IPCC report has shown that the reasons for concern are now stronger, and this should lead the EU to plead for a lower temperature target than the 2°C they adopted in 1996. But even with a 2°C target, the IPCC says that emission reductions between 25 and 40% compared to 1990 are needed by 2020 from developed countries. Reductions by 20% are therefore insufficient."

この報告書は、ベルギーのLouvainカソリック大学の気候学と環境科学部のJean-Pascal van Ypersele教授と、新しく選出されたIPCC副議長などの気候変動問題の専門家の支持を得た。 
IPCC副議長は、
「気候変動問題が、ほとんどの科学者たちの予期した数値よりも(地球生命に)一層強烈な影響力を持っていることがはっきりしている。
EUは1996年に採択した、2℃(地球平均気温を2℃以下に抑えるという長期目標設定温度)よりさらに低い温度の設定を申し立てなければならない。


2℃の目標温度を達成するには、25%〜40%(1990年度水準)の温室効果ガス放出量の削減が2020年までに必要であるが、2%以内に抑えるとなると、20%削減でもまだまだ不十分である。」と述べた。



The latest science shows that the Arctic Ocean is losing sea ice up to 30 years ahead of IPCC predictions. It is now predicted that the summer sea ice could completely disappear between 2013 and 2040 – something that hasn’t occurred in more than a million years.

最新の科学報告によると、北極海の氷は、IPCCの予報より30年も早い速度で溶け出している。 現在では、夏には海氷が2013〜2040年の間に完全に消失してしまうことが予測されている。北極海の海氷消失は、100万年以上にわたって起こりえなかったこと現象である。

Based on recent scientific studies, the number and intensity of extreme cyclones over the British Isles and the North Sea are projected to increase, leading to increased wind speeds and storm-related losses over Western and Central Europe. The level of ozone, an air pollutant, is projected to be similar to that in the 2003 heat-wave, with major increases over England, Belgium, Germany and France. Annual maximum rainfall is also projected to increase in most parts of Europe, with associated flood risks and economic damages.

また、ブリテン諸国と北海上空の極端なサイクロンの数や強度が増加していき、この現象は、ヨーロッパの西部と中央部にも拡大。強風と暴雨による損害をも引き起こすと予測されている。
年間最高降水量もヨーロッパのほとんどの地域で増大。洪水による危険性や経済的損失が予測される。



Marine ecosystems in the North and Baltic Sea are being exposed to the warmest temperatures measured since records began, while the Mediterranean is expected to experience increases in the frequency of long-term droughts. Glaciers in the Swiss Alps will continue to decrease, with reduction of hydropower production.

北海・バルト海における海洋エコシステムも海温上昇の危機にさらされている。地中海では、長期にわたる干ばつが増え、スイスのアルプス山脈の氷河は減少し、これは水力電気の生産量の削減をともなう。

At a global level, sea level rise is expected to reach more than double the IPCC’s maximum estimate of 0.59m by the end of the century, putting vast coastal areas at risk. Rising temperatures have already led to a reduction in global yields of wheat, maize and barley.

世界レベルでの平均海面水位の上昇は、IPCCの最大推定量0.59Mの2倍に達する見込み。このため非常に広範囲での沿岸地域が危険にさらされる。
気温上昇はすでに大麦、小麦、トウモロコシなどの穀物の世界産出高を現減少させている。


“If the European Union wants to be seen as leader at UN talks in Copenhagen next year, and to help secure a strong global deal to tackle climate change after 2012, then it must stop shirking its responsibilities and commit to real emissions cuts within Europe,” says Dr. Tina Tin, Climate Scientist and author of the report.

気候学の科学者であり、報告書の著者でもある Tina Tin博士は、
「もし、EUが来年のコペンハーゲンで開催される国際連合会談を先導していきたいのなら、そして、2012年以降気候に取り組むための強力な世界政策を確保・促進したいのなら、ヨーロッパにおける排出量削減について深刻に決意し、その責任を回避してはならない。」と述べている。


WWF calls on the EU to adopt an emission reduction target of at least 30% below 1990 levels by 2020, to be delivered within the boundaries of the EU rather than relying heavily on offsetting overseas. The global conservation organisation also asks the EU to commit to providing substantial support and funding for developing countries, in order to help them tackle future climate change and adapt to those impacts that are already.

WWFはEU諸国に、2020年までに1990年水準から少なくとも30%に引き上げる排出量削減目標案を可決し、海外でのオフセットに頼りすぎるのではなく、むしろEU諸国内でこれをやり遂げることを求めている。
WWFはまた、将来の気候変動問題に取り組みやすくし、
すでに避けられない状況に適応していく為にも、
EUに発展途上国に対しての実質的な支援と資金援助を求めている。


“Climate change is a major challenge to the future of and the environment, and this sobering overview highlights just how critical it is that EU Environment Ministers discussing the EU legislations against climate change today commit to a strong climate and energy package, in order to ensure a low carbon future,” said Dr. Tina Tin.

Tina Tin博士は、「気候変動問題は、人類と地球環境の未来にかかわる大変大きな挑戦である。概観すると、世界情勢は非常に反省すべき状況にあり、これは、今日、気候変動問題に対するEUの法律設定についての議論を進めている環境大臣らが、確実にCO2削減を遂行するために、強力な気候変動・エネルギー政策を取り決めることがいかに重要であるかを明白にしている。」と述べた。

∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞



 さーて、この状況にあなたはどう対処する!?

 


JUGEMテーマ:ニュース


| 環境保護 | 11:50 | comments(0) | - | pookmark |

スポンサーサイト

| - | 11:50 | - | - | pookmark |
Comment










05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
Sponsored links
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recommend
Recommend
心の対話者 (文春新書)
心の対話者 (文春新書) (JUGEMレビュー »)
鈴木 秀子
具体的な対話のコツを知っておけば、人間関係も円満に。
Recommend
愛と癒しのコミュニオン (文春新書 (047))
愛と癒しのコミュニオン (文春新書 (047)) (JUGEMレビュー »)
鈴木 秀子
人間関係を円滑にする為の秘訣がいっぱい♪
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
人生は廻る輪のように (角川文庫)
人生は廻る輪のように (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
エリザベス キューブラー・ロス
死ぬ前に絶対読んでおきたい一冊!
Recommend
病をよせつけない心と身体をつくる―直観医療からのメッセージ
病をよせつけない心と身体をつくる―直観医療からのメッセージ (JUGEMレビュー »)
クリステル ナニ
人間の身体は本当に精密に出来ていて、身体と心と魂は一つに繋がっていることを実話が教えてくれます。
Recommend
アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフィア)
アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフィア) (JUGEMレビュー »)
パウロ コエーリョ
引き込まれて一気に読んでしまいました!共感することがいっぱいある、本当に不思議な魅力のある本です。
Recommend
裸でも生きる――25歳女性起業家の号泣戦記 (講談社BIZ) (講談社BIZ)
裸でも生きる――25歳女性起業家の号泣戦記 (講談社BIZ) (講談社BIZ) (JUGEMレビュー »)
山口 絵理子
小柄で可愛らしい女性。しかし人は見掛けじゃ解らない!という見本みたいな方。この本を読んだら、背中からビシッ!と『渇』を入れられた気分になります。
Recommend
センス・オブ・ワンダー
センス・オブ・ワンダー (JUGEMレビュー »)
レイチェル・L. カーソン
生命という宝物があふれている素晴らしい地球に生まれた事に感謝!美しい写真に癒され、自然に対する畏怖の念に心打たれる一冊。
Recommend
沈黙の春
沈黙の春 (JUGEMレビュー »)
レイチェル カーソン
必読!環境問題の古典。人間は安易に薬を使い過ぎる。その薬害がどのように影響するかも知らないくせに。これは読まないと危険です!
Recommend
第十一の予言―シャンバラの秘密
第十一の予言―シャンバラの秘密 (JUGEMレビュー »)
ジェームズ レッドフィールド, James Redfield, 山川 紘矢, 山川 亜希子
10の次は11!「第十の予言」の続編。このシリーズは読者の読む時期を選ぶ本だと思います。
Recommend
第十の予言
第十の予言 (JUGEMレビュー »)
ジェームズ レッドフィールド, James Redfield, 山川 紘矢, 山川 亜希子
9の次は10!「聖なる予言」の続編です。「バースビジョン」を思い出しましょう!
Recommend
聖なる予言
聖なる予言 (JUGEMレビュー »)
ジェームズ レッドフィールド, James Redfield, 山川 紘矢, 山川 亜希子
人類が次のステージへ進むための「9つの知恵」が発見された!霊性の進化を冒険小説仕立てで楽しめます。
Recommend
セアロ108の言葉
セアロ108の言葉 (JUGEMレビュー »)
セアロ
毎朝開きたい本。パラリとめくったページにステキな言葉が見つかります。
Recommend
夏への扉
夏への扉 (JUGEMレビュー »)
ロバート・A・ハインライン, 福島 正実
その昔、友人にプレゼントされた大好きな一冊。何度読んでもイイものはイイ!☆5つです。
Recommend
子どもが変わる魔法のおはなし
子どもが変わる魔法のおはなし (JUGEMレビュー »)
大村 祐子
そういえば私も小さい頃、お話が大好きでした!素敵なお話の世界で子ども達をたくさん遊ばせてあげたいものです。
Recommend
 (JUGEMレビュー »)

えらい大変そうなタイトルですが、人間としての最終目標を見据えるための一冊です。
Recommend
前世療法―米国精神科医が体験した輪廻転生の神秘
前世療法―米国精神科医が体験した輪廻転生の神秘 (JUGEMレビュー »)
ブライアン・L. ワイス, Brian L. Weiss, 山川 紘矢, 山川 亜希子
前世を知ってる人も知らない人も、是非一度読んでみてください。
Recommend
魂の伴侶―ソウルメイト 傷ついた人生をいやす生まれ変わりの旅 (PHP文庫)
魂の伴侶―ソウルメイト 傷ついた人生をいやす生まれ変わりの旅 (PHP文庫) (JUGEMレビュー »)
ブライアン・L. ワイス
輪廻転生が解り易くて実に面白い!前世療法とセットでオススメ♪
Recommend
転生の秘密―超心理学が解明する
転生の秘密―超心理学が解明する (JUGEMレビュー »)
ジナ・サーミナラ, 多賀 瑛
まずはこの真実を知ってください。信じる信じないは別として。
Recommend
「原因」と「結果」の法則
「原因」と「結果」の法則 (JUGEMレビュー »)
ジェームズ アレン, James Allen, 坂本 貢一
成功法則本の古典。1年に一回とはいいませんが、3年に一回位は読み返しておきたい一冊。堂々巡りをしている人にもオススメ!
Recommend
神との対話―宇宙をみつける自分をみつける (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ)
神との対話―宇宙をみつける自分をみつける (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ) (JUGEMレビュー »)
ニール・ドナルド ウォルシュ
(忘れかけていた真実を想い出させてくれる一冊。)
Recommend
はるあきら―安倍晴明との対話
はるあきら―安倍晴明との対話 (JUGEMレビュー »)
七浜 凪
神との対話の日本版?という感じの一冊。陰陽師の言葉が心地よく響きます。
Recommend
名誉王トレントの決断―魔法の国ザンス〈17〉 (ハヤカワ文庫FT)
名誉王トレントの決断―魔法の国ザンス〈17〉 (ハヤカワ文庫FT) (JUGEMレビュー »)
ピアズ アンソニイ
魔法の国ザンス・シリーズは私の愛読書。今回は『魂を持つ』という事、『人を愛する』という事について、探求の旅を続ける奇妙な一行の奇想天外な冒険♪
Recommend
魔法の国ザンス(16) ナーダ王女の憂鬱
魔法の国ザンス(16) ナーダ王女の憂鬱 (JUGEMレビュー »)
ピアズ・アンソニイ, 山田 順子
(私の愛読シリーズ。誰でも魔法が使えるのが当たり前の国・ザンスにあなたも出かけてみかせんか?現代への批判もたっぶりで面白い。1作目の「カメレオンの呪文」から是非どうぞ!)
Recommend
ガラクタ捨てれば自分が見える―風水整理術入門
ガラクタ捨てれば自分が見える―風水整理術入門 (JUGEMレビュー »)
田村 明子,カレン・キングストン
(この本を読むと部屋をキレイにしたくなります。)
Recommend
歌おうか、モト君。―自閉症児とともに歩む子育てエッセイ
歌おうか、モト君。―自閉症児とともに歩む子育てエッセイ (JUGEMレビュー »)
石渡 ひとみ
久々に感動して泣いてしまいました。親と子が共に育ちゆく姿が素晴らしいです。
Recommend
カレンダー
Amazonウィジェット
shop
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM