スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |

怖い話

怖いものなし(?)の私が、
とても怖い!と思うことが色々書かれています。

http://global.yu-yake.com/11poison.htm
(※残酷な画像もありますので、ご了解の上ご覧ください)


前から気にはなってはいたものの、
あまり気にしないように過ごしていて、
最近
「やっぱり見過ごしていてはいかん!」
と思うようになりました。


何かの原因によってじわじわと脳を犯されて、
正常な思考力や判断力が欠けてしまったとしても、
見た目には簡単にはわからない。

外見は普通の人間だから、人として教育しようとしても、
脳が正常でなければ、どうにもならない。

思考〜行動をするのも、行動を抑制するのも脳。

脳だけでなく、身体全体すべてにおいて、
あらゆる異常は『危険を知らせる信号』として見逃さないように。

まずは、
自宅に置いてある日用品の成分チェックから!


自分の身体を汚すのも、地球を汚すのも同じこと。
自然な姿で居られなくしている原因は何でしょう?

経皮毒.com
http://www.keihidoku.com/


















JUGEMテーマ:新生活



| 環境保護 | 15:27 | - | - | pookmark |

害虫に反省はあるのか?

私もあなたも、
地球という大きな生命体の身体に巣食っている害虫です。

寄生虫なら寄生虫らしく、
母体の健康をちゃんと考えて行動しなくちゃダメでしょ?

宿主が瀕死となったら、私たちの生存も危うくなるってことが、
解らないほど頭の悪〜い集団なのでしょうか?
人類は。

何が「高等動物」だ。
何が「進化」だ。
何が「先進国」だ。
何が「文明人」だ。

自らを「偉い」と思っている奴ほど、
ロクな奴は居ないって?

まったくその通り。


『集団自殺』をしたくない寄生虫は、どうしたらいい?

1人1人が考え、1人1人が答えを出して、
1人1人が行動に移すしかありません。


すべての「個」が、「全体」を考えて行動する事。


出来る?
出来ない?


じゃなくて、

やるか、
やらないか、


ですよ!


ご参考までに。。。

『地球温暖化を阻止せよ!』





JUGEMテーマ:地域/ローカル


JUGEMテーマ:読書


JUGEMテーマ:日記・一般


JUGEMテーマ:新生活


JUGEMテーマ:ニュース




| 環境保護 | 11:55 | comments(0) | - | pookmark |

地球温暖化:超スピードで加速!

深刻な事態です。

虹天の同志、Makiさんが
21 Oct 2008のWWF NEWSの翻訳をしてくれましたので、
転載させて頂きます。

ちょっと長いけれど、どうか最後まで読んで下さい。


∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞

Brussels, Belgium – Global warming is accelerating at a faster rate than climate change experts had previously predicted, according to a new compendium of scientific research released today by WWF.

ベルギー・ブリュッセル−今日WWFが発表した研究概要によると、地球温暖化は、気候変動の専門家や科学者たちの予測数値を上回る速度で進んでいる。

In 2007, the Nobel Prize winning Intergovernmental Panel on Climate Change (IPCC) released their Fourth Assessment Report – a study of global warming that involved nearly 4,000 scientists from more than 150 countries.

2007年、ノーベル平和賞を受賞した、国連IPCC(地球変動に関する政府間パネル)が、第4次環境アセスメントレポート(評価報告)を発表。
報告書は、150ヶ国以上の国から4000人近い科学者が携わった地球温暖化に関する研究内容であった。



However, the science of climate change has moved on in the year since this respected report was published. WWF’s new report, “Climate change: faster, stronger, sooner”, amalgamates this new scientific data and reveals that global warming is accelerating beyond the IPCC’s forecasts.

しかしながら、この信頼性の高いIPCCの報告書が公表されて以来、気候変動の研究分野もさらに進歩した。
WWFの気候変動に関する最新レポートは新しい科学的資料を集約しており、これは地球温暖化がIPCCの予想数値を超えて、加速し続けていることを明白にしている。


The report has received the support of climate change experts including Professor Jean-Pascal van Ypersele, Professor of Climatology and Environmental Sciences at the Université catholique de Louvain, Belgium, and newly elected Vice Chair of the IPCC, who said: “It is clear that climate change is already having a greater impact than most scientists had anticipated, so it’s vital that international mitigation and adaptation responses become swifter and more ambitious. The last IPCC report has shown that the reasons for concern are now stronger, and this should lead the EU to plead for a lower temperature target than the 2°C they adopted in 1996. But even with a 2°C target, the IPCC says that emission reductions between 25 and 40% compared to 1990 are needed by 2020 from developed countries. Reductions by 20% are therefore insufficient."

この報告書は、ベルギーのLouvainカソリック大学の気候学と環境科学部のJean-Pascal van Ypersele教授と、新しく選出されたIPCC副議長などの気候変動問題の専門家の支持を得た。 
IPCC副議長は、
「気候変動問題が、ほとんどの科学者たちの予期した数値よりも(地球生命に)一層強烈な影響力を持っていることがはっきりしている。
EUは1996年に採択した、2℃(地球平均気温を2℃以下に抑えるという長期目標設定温度)よりさらに低い温度の設定を申し立てなければならない。


2℃の目標温度を達成するには、25%〜40%(1990年度水準)の温室効果ガス放出量の削減が2020年までに必要であるが、2%以内に抑えるとなると、20%削減でもまだまだ不十分である。」と述べた。



The latest science shows that the Arctic Ocean is losing sea ice up to 30 years ahead of IPCC predictions. It is now predicted that the summer sea ice could completely disappear between 2013 and 2040 – something that hasn’t occurred in more than a million years.

最新の科学報告によると、北極海の氷は、IPCCの予報より30年も早い速度で溶け出している。 現在では、夏には海氷が2013〜2040年の間に完全に消失してしまうことが予測されている。北極海の海氷消失は、100万年以上にわたって起こりえなかったこと現象である。

Based on recent scientific studies, the number and intensity of extreme cyclones over the British Isles and the North Sea are projected to increase, leading to increased wind speeds and storm-related losses over Western and Central Europe. The level of ozone, an air pollutant, is projected to be similar to that in the 2003 heat-wave, with major increases over England, Belgium, Germany and France. Annual maximum rainfall is also projected to increase in most parts of Europe, with associated flood risks and economic damages.

また、ブリテン諸国と北海上空の極端なサイクロンの数や強度が増加していき、この現象は、ヨーロッパの西部と中央部にも拡大。強風と暴雨による損害をも引き起こすと予測されている。
年間最高降水量もヨーロッパのほとんどの地域で増大。洪水による危険性や経済的損失が予測される。



Marine ecosystems in the North and Baltic Sea are being exposed to the warmest temperatures measured since records began, while the Mediterranean is expected to experience increases in the frequency of long-term droughts. Glaciers in the Swiss Alps will continue to decrease, with reduction of hydropower production.

北海・バルト海における海洋エコシステムも海温上昇の危機にさらされている。地中海では、長期にわたる干ばつが増え、スイスのアルプス山脈の氷河は減少し、これは水力電気の生産量の削減をともなう。

At a global level, sea level rise is expected to reach more than double the IPCC’s maximum estimate of 0.59m by the end of the century, putting vast coastal areas at risk. Rising temperatures have already led to a reduction in global yields of wheat, maize and barley.

世界レベルでの平均海面水位の上昇は、IPCCの最大推定量0.59Mの2倍に達する見込み。このため非常に広範囲での沿岸地域が危険にさらされる。
気温上昇はすでに大麦、小麦、トウモロコシなどの穀物の世界産出高を現減少させている。


“If the European Union wants to be seen as leader at UN talks in Copenhagen next year, and to help secure a strong global deal to tackle climate change after 2012, then it must stop shirking its responsibilities and commit to real emissions cuts within Europe,” says Dr. Tina Tin, Climate Scientist and author of the report.

気候学の科学者であり、報告書の著者でもある Tina Tin博士は、
「もし、EUが来年のコペンハーゲンで開催される国際連合会談を先導していきたいのなら、そして、2012年以降気候に取り組むための強力な世界政策を確保・促進したいのなら、ヨーロッパにおける排出量削減について深刻に決意し、その責任を回避してはならない。」と述べている。


WWF calls on the EU to adopt an emission reduction target of at least 30% below 1990 levels by 2020, to be delivered within the boundaries of the EU rather than relying heavily on offsetting overseas. The global conservation organisation also asks the EU to commit to providing substantial support and funding for developing countries, in order to help them tackle future climate change and adapt to those impacts that are already.

WWFはEU諸国に、2020年までに1990年水準から少なくとも30%に引き上げる排出量削減目標案を可決し、海外でのオフセットに頼りすぎるのではなく、むしろEU諸国内でこれをやり遂げることを求めている。
WWFはまた、将来の気候変動問題に取り組みやすくし、
すでに避けられない状況に適応していく為にも、
EUに発展途上国に対しての実質的な支援と資金援助を求めている。


“Climate change is a major challenge to the future of and the environment, and this sobering overview highlights just how critical it is that EU Environment Ministers discussing the EU legislations against climate change today commit to a strong climate and energy package, in order to ensure a low carbon future,” said Dr. Tina Tin.

Tina Tin博士は、「気候変動問題は、人類と地球環境の未来にかかわる大変大きな挑戦である。概観すると、世界情勢は非常に反省すべき状況にあり、これは、今日、気候変動問題に対するEUの法律設定についての議論を進めている環境大臣らが、確実にCO2削減を遂行するために、強力な気候変動・エネルギー政策を取り決めることがいかに重要であるかを明白にしている。」と述べた。

∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞・∞



 さーて、この状況にあなたはどう対処する!?

 


JUGEMテーマ:ニュース


| 環境保護 | 11:50 | comments(0) | - | pookmark |

本当の自分

「本当の自分はどんな自分?
 本当の自分は,おこりんぼう? 
 あまのじゃく? ……」

「本当の自分は,もっとやさしい。
 本当の自分は,もっと自由。
 本当の自分は,誰とでも仲良し。
 ……」

「本当の自分は,
 もっとみんなを幸せにしたい!と思っている。」


    (高木義之著 『ありがとう』 より「本当の自分」の抜粋)


本日いちかわエフエムで
10月19日の講演会「宇宙船地球号の行方」について紹介され、
その中でスタッフから皆さんへのメッセージが読み上げられました。


ラジオをお聴きになれなかった方へちょっとご紹介しますね。


まず、Oさんからの体験的なメッセージ;

「全国を講演されてる高木さんが、
市川に来てくれるなんて、またとない機会です。
高木さんの話しは環境だけの話しでなく、
人間関係で必要な非対立など学ぶことができます。
とってもいい講演ですから、是非期待してお越しください。」



次に、Nさんの真心のこもったメッセージ;

「この講演会は、私たちから皆さんにお送りしたい贈り物です。
今、一人ひとりの心に希望の光が芽生え輝かせる時。
一人ひとりが自分の足で世界を変えるだけの力を持っていることが
気づけますように講演会を作り上げています。
是非とも、皆さんでお越し頂けるよう、心よりお待ちしています。」



最後に、369からのメッセージも読んで頂きました。

『この放送をお聞きになっている方で、
自分は地球人だ!と思われる方、
または現在、地球に滞在中の他星人の方で、
もうしばらく地球に滞在予定の方へ、
大事なお知らせがあります。
お心あたりの方はお手数ですが、
10月19日に本八幡までお越し下さい!
午後1時半より市川市民会館にて、
これから地球に滞在する上で
重要な注意事項をお伝え致します。』以上。



「FM収録があるから何かメッセージがあれば読み上げますよ」
とお話を頂き、何か無いかなぁ〜と思っていたら、
突然ふっと頭に浮かんだのがこの内容でした。

 天の啓示 ということでよろしくどうぞ!



【環境goo】のイベントカレンダーにも掲載されました。


講演会の内容はこんな感じです。


百聞は一見にしかず。
参加してみたい!と思った方はこちらへどうぞ!





JUGEMテーマ:地域/ローカル


| 環境保護 | 16:56 | comments(0) | - | pookmark |

「宇宙船地球号の行方」

  [一体自分は何のために生まれて来たのだろう?]

     [今の自分の生き方で本当にいいのだろうか?]

 [自分は間違っていないと思う。
  だけど、もしかしたら何かを見逃しているかも?]



 ・・・そんな考えがもし少しでも頭をよぎったら・・・


   おめでとうございます!!(^0^)

あなたは今、素晴らしい転機を迎えています!!!


 そんなあなたにプレゼントしたい講演会があります。

  開催まで後10日、
           お聴き逃しのなきように!!


●*・*●*・*●*・*●*・*●*・*●*・*

開催日: 10月19日(日)
時間 open13:00 /start13:30〜16:00

講師: NPO法人ネットワーク『地球村』代表・高木義之

会場: 千葉県 市川市市民会館 大ホール

参加費: 一般(前売)1,000円 (当日)1,500円
     学生(中学生以上)(前売)500円 (当日)800円
   (障害者手帳をお持ちの方は学生料金になります)

●*・*●*・*●*・*●*・*●*・*●*・*

※ 手話通訳と要約筆記がありますので、
  聴覚障害のある方にもご参加いただけます。

※ 託児あります:ひとり500円(おやつ付き)

●*・*●*・*●*・*●*・*●*・*●*・*

主催: いちかわグリーンネットワーク
後援:  千葉県、千葉県教育委員会、
     市川市、市川市教育委員会、
     浦安市、船橋市、松戸市

●*・*●*・*●*・*●*・*●*・*●*・*

◎市川市市民会館 アクセスMAP
〒272-0021 千葉県市川市八幡4-2-1 筺 047-335-1542

JR線  総武線本八幡駅北口より徒歩7分
私鉄  京成線八幡駅より徒歩4分
地下鉄  都営新宿線本八幡駅より徒歩6分

●*・*●*・*●*・*●*・*●*・*●*・*

◆参加のお申し込み・お問い合わせは、地球村HP
 または、090-9828-0156(担当;浅川)まで。


前売りチケットのご予約と、託児のお申し込みは、
私へメールしてくださってもOKです!


メールピンク 1019☆369.i-v-net.com メールブルー
           
    ↑この[☆]の部分を英数小文字の[@]に変えて送信してくださいね。

●*・*●*・*●*・*●*・*●*・*●*・*

みなさまのご来場を心からお待ちしています!




JUGEMテーマ:地域/ローカル


| 環境保護 | 10:46 | comments(0) | - | pookmark |

友へ (アル・ゴア氏からのメッセージ)

合衆国のアル・ゴア氏がメッセージを発信している
「We Can Solve It」
というメーリングリストに登録している知人から、
本文と訳文をシェアしてもらいました。

皆様も是非読んでみてください。

ーーーーーーーーーーーーー
Friends,
友へ

I've been deeply frustrated. I suspect a lot of you have been too.

私は非常に失望している。 あなた方の多くもそうではないだろうか。

We're facing such huge challenges and all you hear through the media are demagogic chants like "drill, drill, drill."

今私たちは巨大な挑戦に直面している。メディアを通して聞こえてくるものは、「掘って掘って掘るのだ」という扇動的なシュプレヒコールだけだ。

Skyrocketing energy prices. The climate crisis. Unraveling financial markets. Wars that just happen to be in places with a lot of oil. These are all just different faces of exactly the same thing. As I've said in the past, we're borrowing money from China to buy oil from the Persian Gulf to burn it in ways that destroy the future of human civilization. And every bit of that has to change.

高騰するエネルギー価格。気候変動の危機、崩壊しつつある金融市場。
石油が沢山あるところに起こる戦争。

私が過去に話したように、私たちはペルシャ湾から石油を買うために、中国からお金を借りている。そしてその石油を燃やし続けている・・・私たちの文明を破壊するやり方で!

We all know what we have to do. Ask anybody on the street and they'll tell you. We need to "Repower America" -- invest in ourselves, here at home, with clean, economical energy technologies that we know work. And be the global leader as these technologies take off around the world.

私たちがなにをしなければならないかは、実はみんなが知っている。
通りで誰かに聞いてみよう。彼は答えるだろう。
「合衆国を”Re-power"することが必要だ」−それは、私たち自身に投資すること。家庭で、クリーンな、経済的なエネルギーを利用すること。これらのエネルギーを生活に取り入れることは難しいことではないということは今は誰もが知っている。このようなエネルギー使用を可能にすることができるグローバルリーダーになろう。

And ask anyone, and they'll also tell you why it isn't happening: the oil and coal lobbies -- and the politicians who do their bidding.

いったいなにが、私たちがグローバルリーダーになることを阻止しているのか: 石油と、石炭規制を反対する圧力団体、そして反対派を支持する政治家だ。

It's very simple.

とても単純なことなのだ。

So the Alliance for Climate Protection has put together an ad that tells this simple story. And we're going to put it on national cable TV.

気候保護同盟が、この単純なことを伝えていくための広告作成をしている。国内のケーブルテレビで訴えていく計画がある。

Here's the script:

台本はこうである(以下):

The solution to our climate crisis seems simple.

気候変動の解決策はシンプルではないだろうか。

Repower America with wind and solar.

アメリカを風力と太陽で「Re-power」しよう。

End our dependence on foreign oil. A stronger economy.

そして、海外の石油への依存を断ち切ろう。経済を強化しよう。

So why are we still stuck with dirty and expensive energy?

どうしてまだ私たちは汚らわしく高価なエネルギーにはまってしまっているのか?
Because big oil spends hundreds of millions of dollars to block clean energy.

なぜなら石油産業がクリーンエネルギーを封じ込めるために何億ドルものお金を費やしているからだ。

Lobbyists, ads, even scandals.
All to increase their profits, while America suffers.
Breaking big oil's lock on our government ...
Now that's change.
We're the American people and we approve this message.

反対派、広告、コマーシャル、スキャンダル・・・すべては彼らの利益を増やすために・・・アメリカの苦しみをよそに。
政府をコントロールしている石油産業という錠をはずし、アメリカを変えよう。 私たちアメリカ人にはできるのだ。

And you can view the ad on our donation page, here:
寄付についてはこちら:
http://www.wecansolveit.org/oilandcoal

We're taking on the oil and coal lobbies, because there's simply no other choice. We need your help.

私たちは石油産業と圧力団体に立ち向かいます。なぜならどうしても、
それしか選択がないからです。あなた方の協力が必要です。
謝意を表します。
Thanks, 

Al Gore
アル・ゴア

www.wecansolveit.org


ーーーーーーーーーーーーー


JUGEMテーマ:新生活


| 環境保護 | 07:41 | comments(0) | - | pookmark |

5月31日「不都合な真実」無料上映会@逗子

「不都合な真実」、もうご覧になりましたか?

6月から始まる「ずし環境ウィークス」の一環で、
「不都合な真実」の無料上映会があります!
無料ですので、まだ観ていない方、もう一度観たい方、
この機会に是非どうぞ。

先着550名
入場無料!

13時より整理券を配布します。
定員に達し次第締め切りとなりますので、
お早めにお越しください。


日時:5月31日(土) 14時〜(開場13:30)
開催場所:逗子文化プラザさぎさホール

http://map.yahoo.co.jp/pl?lat=35.29175889&lon=139.58550806&p=%BF%E0%BB%D2%CA%B8%B2%BD%A5%D7%A5%E9%A5%B6

京浜急行 新逗子駅より徒歩3分
JR 逗子駅より徒歩6分



問い合わせは: info@zushi-kankyo-weeks.net

一緒に温暖化を考える1歩を踏み出しましょう〜。

主催:ずし環境ウィークス実行委員会
共催:逗子市、逗子市教育委員会、東京ガス株式会社神奈川西支店
協力:逗葉STOP温暖化連絡会






JUGEMテーマ:地域/ローカル


JUGEMテーマ:新生活


| 環境保護 | 20:19 | comments(0) | - | pookmark |

昨日のつづき

よこはま動物園ズーラシアで、想ったこと。

いや、ここに限らずどこの動物園に行っても想うことなのですが、
「すまないのう」
と、動物達に謝罪と感謝をするわけです。

自然の中で生活している方がずっといいだろうに、
人間達に観られる為に囲いの中で暮らすというのは、
動物たちにとってみればどういう運命なのか、と。

安全と食料が確保されて良かった!という方もいれば、
狭いところに閉じ込められてイヤ!という方もいると想う。


ベトナムの付近に生息するリーフイーターと呼ばれるサルの仲間達は、
ベトナム戦争で米軍が散布した枯葉剤のお陰で生息地の大半が無くなってしまい、絶滅の危機に瀕しているという。



なんで枯葉剤なんてものを作ったり撒いたりするんだろう!?
人間はなんて馬鹿なことをするんだろう!?


すまないのう。
もうしわけないのう。
(;;)




JUGEMテーマ:地域/ローカル


| 環境保護 | 07:35 | comments(0) | - | pookmark |

核分裂過程

今日の午後、代官山でこんな上映会があります。


再処理工場を知る会 presents
ノー・ニュークス☆モア・シネマ

 青森県六ヶ所村再処理工場が、今年の夏にも稼働されようとしている。
しかし、1989年、ドイツでは国民の運動によって再処理工場の建設が
中止され、1992年には原子力からの撤退が選択された。
被爆国、地震大国でありながら、55基もの原発と再処理工場を抱え、
海に大地に放射能汚染を広め続け、ヒバクシャを生み出し続けている国、日本。
日本人である私達に、今何ができるだろうか?と考えあぐねている人々に、
そして未来に、希望を与えてくれる、めったに観られない貴重なドキュメンタリー
映画2本を一挙上映!

■上映作品:『核分裂過程』(1987年ドイツ95分)
      『第八の戒律』(1991年ドイツ95分)

■日 時:2008年4月19日(土)
     
■会 場:BAR 60'S(代官山)
    (バー・シックスティーズ)
    渋谷区恵比寿西2-21-4 代官山Parks B2F
    ※地図は下記リンクのフライヤーに掲載しています。

■入場料:1500円(両作品をご覧になれます)
     ★1Drink・ポップコーン付き♪

2008. 4.19(土)
【タイムテーブル】

15:45  開 場
16:00  『核分裂過程』上映スタート
17:35  トーク
  *****休憩*****
18:15  『第八の戒律』上映スタート
19:50〜 フリータイム

●核分裂過程(1987年ドイツ95分)
 ドイツの原子力政策を転換させるキッカケとなったヴァッカー
スドルフの運動を描いたドキュメンタリー映画。1985年、緑豊か
なこの村に核燃料の再処理工場の建設が強引に進められた。森の
樹々が無惨にも切り倒される。保守的といわれていた村人達は立
ち上がった。運動は工夫を凝らしファンタジーに溢れている。や
がて若者が全国から集まってくる。これに対し、放水銃に催涙ガ
スなど容赦しない弾圧が繰り返される。村人は闘う中で自分の殻
を破り、次第に民主主義の在処に目覚めていく。
 映像の息をのむ美しさと人々の語る言葉と表情は胸を打つ。こ
れは未来へ向けた希望の映画だ。

●第八の戒律(1991年ドイツ95分)
 ヴァッカースドルフは勝利した。鉄柵は解体された。しかし根
本的解決とは言えない。再処理はフランスのラアーグでされるか
らだ。放射性廃棄物は増え続ける。カメラは再処理工場のあるラ
アーグとセラフィールド(英国)へ向かう。そこで見たものは放
射能が何十年も海に流されてきた事実。しかも今、放射能は海岸
に戻ってきて、じわじわと生命を蝕んでいるのだ。
 原子力産業を推進してきた科学者、政治家、経営者は、この50
年間何をしてきたのか。数字による操作、明らかなウソ、情報の
独占、「証拠がない」と開き直り・・・。彼等のやり方と常識は
なぜ国を越えてこんなにも似ているのか。破滅に向かう世界?
 その謎を解くカギがここにある。

■上映作品公式ホームページ
 http://www.bekkoame.ne.jp/ha/kook/

■会場地図が載っているフライヤーはこちらから
 (片面)http://www.bekkoame.ne.jp/ha/kook/more%20cinema2.pdf
 (両面)http://www.bekkoame.ne.jp/ha/kook/more%20cinema%20ryoumen...
■主催:再処理工場を知る会
    03-3357-3800 (原子力資料情報室)



JUGEMテーマ:ニュース


| 環境保護 | 08:11 | comments(0) | - | pookmark |

地球を愛する100人として

前回
「地球に人類のゴミを捨てないで!」
という話題でしたが、

憂いとか、不安とか、悩みとか、贅肉とか、宿便とか、

心と身体の健康をおびやかす、
不要なモノを手放すのはとても大事。

捨てそびれている不要物は、速やかに手放したいものです。


しかし、捨てるばかりが脳じゃない。

私たちは、必要なモノを与え合うことが出来る。

大好きな人へ、
大好きな人が喜ぶモノやコトをプレゼントすると、
嬉しくて楽しくて歓びに溢れます。

あなたが嬉しいと、私も嬉しい。

「あなたの喜ぶ顔が見たいから」、
と思って私がした事で、
あなたが喜んでくれたら、
結局、私も幸せになる。

あなたがシアワセだと、私もシアワセ。



アースウォーカーのポール・コールマンさんが
こんなことを言っています。




ちょっとつけ加えさせていただくなら、

見返りを一切期待しないで、
ただ「与える」、
厚意と好意でする行為こそが、
魂を磨き、愛を一層深めると思うのです。

人類は地球から沢山の素晴らしいモノを与えてもらって、
今までこうして生きてきたのですから、
今度は私たちが地球にお返しをする番では?


JUGEMテーマ:新生活


| 環境保護 | 07:47 | comments(0) | - | pookmark |

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
Sponsored links
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recommend
Recommend
心の対話者 (文春新書)
心の対話者 (文春新書) (JUGEMレビュー »)
鈴木 秀子
具体的な対話のコツを知っておけば、人間関係も円満に。
Recommend
愛と癒しのコミュニオン (文春新書 (047))
愛と癒しのコミュニオン (文春新書 (047)) (JUGEMレビュー »)
鈴木 秀子
人間関係を円滑にする為の秘訣がいっぱい♪
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
人生は廻る輪のように (角川文庫)
人生は廻る輪のように (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
エリザベス キューブラー・ロス
死ぬ前に絶対読んでおきたい一冊!
Recommend
病をよせつけない心と身体をつくる―直観医療からのメッセージ
病をよせつけない心と身体をつくる―直観医療からのメッセージ (JUGEMレビュー »)
クリステル ナニ
人間の身体は本当に精密に出来ていて、身体と心と魂は一つに繋がっていることを実話が教えてくれます。
Recommend
アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフィア)
アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフィア) (JUGEMレビュー »)
パウロ コエーリョ
引き込まれて一気に読んでしまいました!共感することがいっぱいある、本当に不思議な魅力のある本です。
Recommend
裸でも生きる――25歳女性起業家の号泣戦記 (講談社BIZ) (講談社BIZ)
裸でも生きる――25歳女性起業家の号泣戦記 (講談社BIZ) (講談社BIZ) (JUGEMレビュー »)
山口 絵理子
小柄で可愛らしい女性。しかし人は見掛けじゃ解らない!という見本みたいな方。この本を読んだら、背中からビシッ!と『渇』を入れられた気分になります。
Recommend
センス・オブ・ワンダー
センス・オブ・ワンダー (JUGEMレビュー »)
レイチェル・L. カーソン
生命という宝物があふれている素晴らしい地球に生まれた事に感謝!美しい写真に癒され、自然に対する畏怖の念に心打たれる一冊。
Recommend
沈黙の春
沈黙の春 (JUGEMレビュー »)
レイチェル カーソン
必読!環境問題の古典。人間は安易に薬を使い過ぎる。その薬害がどのように影響するかも知らないくせに。これは読まないと危険です!
Recommend
第十一の予言―シャンバラの秘密
第十一の予言―シャンバラの秘密 (JUGEMレビュー »)
ジェームズ レッドフィールド, James Redfield, 山川 紘矢, 山川 亜希子
10の次は11!「第十の予言」の続編。このシリーズは読者の読む時期を選ぶ本だと思います。
Recommend
第十の予言
第十の予言 (JUGEMレビュー »)
ジェームズ レッドフィールド, James Redfield, 山川 紘矢, 山川 亜希子
9の次は10!「聖なる予言」の続編です。「バースビジョン」を思い出しましょう!
Recommend
聖なる予言
聖なる予言 (JUGEMレビュー »)
ジェームズ レッドフィールド, James Redfield, 山川 紘矢, 山川 亜希子
人類が次のステージへ進むための「9つの知恵」が発見された!霊性の進化を冒険小説仕立てで楽しめます。
Recommend
セアロ108の言葉
セアロ108の言葉 (JUGEMレビュー »)
セアロ
毎朝開きたい本。パラリとめくったページにステキな言葉が見つかります。
Recommend
夏への扉
夏への扉 (JUGEMレビュー »)
ロバート・A・ハインライン, 福島 正実
その昔、友人にプレゼントされた大好きな一冊。何度読んでもイイものはイイ!☆5つです。
Recommend
子どもが変わる魔法のおはなし
子どもが変わる魔法のおはなし (JUGEMレビュー »)
大村 祐子
そういえば私も小さい頃、お話が大好きでした!素敵なお話の世界で子ども達をたくさん遊ばせてあげたいものです。
Recommend
 (JUGEMレビュー »)

えらい大変そうなタイトルですが、人間としての最終目標を見据えるための一冊です。
Recommend
前世療法―米国精神科医が体験した輪廻転生の神秘
前世療法―米国精神科医が体験した輪廻転生の神秘 (JUGEMレビュー »)
ブライアン・L. ワイス, Brian L. Weiss, 山川 紘矢, 山川 亜希子
前世を知ってる人も知らない人も、是非一度読んでみてください。
Recommend
魂の伴侶―ソウルメイト 傷ついた人生をいやす生まれ変わりの旅 (PHP文庫)
魂の伴侶―ソウルメイト 傷ついた人生をいやす生まれ変わりの旅 (PHP文庫) (JUGEMレビュー »)
ブライアン・L. ワイス
輪廻転生が解り易くて実に面白い!前世療法とセットでオススメ♪
Recommend
転生の秘密―超心理学が解明する
転生の秘密―超心理学が解明する (JUGEMレビュー »)
ジナ・サーミナラ, 多賀 瑛
まずはこの真実を知ってください。信じる信じないは別として。
Recommend
「原因」と「結果」の法則
「原因」と「結果」の法則 (JUGEMレビュー »)
ジェームズ アレン, James Allen, 坂本 貢一
成功法則本の古典。1年に一回とはいいませんが、3年に一回位は読み返しておきたい一冊。堂々巡りをしている人にもオススメ!
Recommend
神との対話―宇宙をみつける自分をみつける (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ)
神との対話―宇宙をみつける自分をみつける (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ) (JUGEMレビュー »)
ニール・ドナルド ウォルシュ
(忘れかけていた真実を想い出させてくれる一冊。)
Recommend
はるあきら―安倍晴明との対話
はるあきら―安倍晴明との対話 (JUGEMレビュー »)
七浜 凪
神との対話の日本版?という感じの一冊。陰陽師の言葉が心地よく響きます。
Recommend
名誉王トレントの決断―魔法の国ザンス〈17〉 (ハヤカワ文庫FT)
名誉王トレントの決断―魔法の国ザンス〈17〉 (ハヤカワ文庫FT) (JUGEMレビュー »)
ピアズ アンソニイ
魔法の国ザンス・シリーズは私の愛読書。今回は『魂を持つ』という事、『人を愛する』という事について、探求の旅を続ける奇妙な一行の奇想天外な冒険♪
Recommend
魔法の国ザンス(16) ナーダ王女の憂鬱
魔法の国ザンス(16) ナーダ王女の憂鬱 (JUGEMレビュー »)
ピアズ・アンソニイ, 山田 順子
(私の愛読シリーズ。誰でも魔法が使えるのが当たり前の国・ザンスにあなたも出かけてみかせんか?現代への批判もたっぶりで面白い。1作目の「カメレオンの呪文」から是非どうぞ!)
Recommend
ガラクタ捨てれば自分が見える―風水整理術入門
ガラクタ捨てれば自分が見える―風水整理術入門 (JUGEMレビュー »)
田村 明子,カレン・キングストン
(この本を読むと部屋をキレイにしたくなります。)
Recommend
歌おうか、モト君。―自閉症児とともに歩む子育てエッセイ
歌おうか、モト君。―自閉症児とともに歩む子育てエッセイ (JUGEMレビュー »)
石渡 ひとみ
久々に感動して泣いてしまいました。親と子が共に育ちゆく姿が素晴らしいです。
Recommend
カレンダー
Amazonウィジェット
shop
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM